口唇にできたヘルペスを再発させないために免疫力を上げるべき

トップページ
お気に入りに追加

口唇にできたヘルペスを再発させないために免疫力を上げるべき

唇にできるヘルペスは再発をする可能性がありますので、再発をしないということが重要です。

再発をするのかどうかの決め手となるのが自律神経で、自律神経のバランスを整えるということがとても大切になっていきます。自律神経のバランスが取れている状態と言うのは免疫機能が活発になっているときです。そうであれば、常にそういう状態にするようにしましょう。

 

自律神経のバランスを取ることが重要

免疫力を司っているのは自律神経です。

自律神経のバランスと言うのは交感神経と副交感神経とのバランスのことです。交感神経が活発になると血行が悪くなって、身体の機能が低下します。一方、副交感神経が活発になると血管が広がりますが、かえって血行が悪くなって、身体の機能が低下します。

免疫力を高めるためには交感神経と副交感神経がバランスよく働かせることが重要です。

生活習慣が乱れていくと自律神経のバランスが乱れやすくなりますので、そこのところは十分に注意した方がいいでしょう。

 

こういう場合は症状が出やすくなる

生活習慣が乱れている状態と言うのは、口唇ヘルペスに再発する可能性が高くなります。

具体的には、風邪をひいたときやストレス過多の状態、睡眠不足、疲労、生理前などの状態の時は特に注意をした方がいいです。つまり、免疫機能が低下している時に再発するわけですので、健康的な生活を行うことが重要になってきます。

 

免疫力を上げるような行動を取る

口唇にできたヘルペスを再発させないようにするためには、免疫力を高めることが大切です。

免疫力を高めるためには自律神経のバランスが取れた状態になる様に、健康的な生活をすることです。生活習慣が乱れてくると口唇ヘルペスの症状が再発しやすくなりますので気をつけてください。